読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサードリンク

ハネムーン5日目(9月7日):幸運にもマネジャー主催のカクテルパーティーに参加!

毎週水曜日はカクテルパーティーが開催!

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、ハレクラニでチェックインをして部屋につくと、何か封筒が置いてあります。

「これはなんぞや?」と思って開けてみると、どうやらその日はカクテルパーティーというのが開かれ、宿泊客ならだれでも無料で参加できるとのこと。

「せっかくだから参加するっきゃないね!」と、次の日に行く予定だったラメールで着ていくつもりだった服を急きょ着ていくことに。

17時開始だったのですが、10分ほど遅れていくとなんとテーブル席は完全に埋まってしまっていて、空いているのは立ち席が1つのみ。

ハレクラニ_カクテルパーティー_服装(撮影:sony α5100)

カクテルパーティーの雰囲気はこんな感じです。

ハレクラニ_カクテルパーティー_室内_撮影:sony α5100

室内の様子はこんな感じ。

料理は期待せず、交流を主の目的にするのがベター

行ってみて感じましたが、食事を期待していくのは得策ではありません。室内写真の壁際に沿って食事が並べられているのですが、

  • 前菜やつまみ的なものばかりでボリュームのあるものはなし
  • 多くの人が並んでいるので、取ってくるのに時間がかかる

といった問題があります。

そのため、食事は別の場所でとると割り切って、ハワイ旅行に来ている他の日本人観光客と話をしてみて楽しむというのがいいと思います。カクテルパーティーに参加しているのはほとんど日本人でしたしね。

 

実際に私たちはこのカクテルパーティーで、私たちと同じようにハネムーンでハワイに来ていたという新婚さんと、何度もハワイに来ていたけれどハレクラニに泊まるのは初めてというお年を召したご夫婦の二組の話を色々を聞くことができました。

とてもいい思い出です。

ちなみに、このカクテルパーティーは毎週水曜日に開催されているようなので、ハレクラニに泊まる際には水曜日を狙って予約をとるのもいいかもしれませんね。

 

ラフな格好はダメ、絶対!

最後に、一つカクテルパーティーに参加する時の注意点を一つ。

写真には写っていないのですが、参加者の男性の方の中には短パンで来ている人もちらほらいました。しかし、招待状を見ると、短パンはダメとしっかりと書いてあります。

女性の方は、ワンピースなどのちょっとおしゃれな格好で、短いスカートは避けてください。

男性の方は、襟付きのシャツに長ズボン、サンダルじゃないちゃんとした靴を身に着けてください。

念のため以下に招待状の文面を載せておきますので、もしハレクラニに行く方がいれば参考にしてください。

 

【招待状の文面】

In an effort to maintain the ambience and distinction of out manager's cocktail reception, evening resort attire is requiested for the ladies, and 

dress shirt, slacks and covered shoes are requested for men.

Please, no tee-shirts, tank tops, shorts, or slippers.

【日本語訳】

マネジャー主催のカクテルパーティーの雰囲気と品格を保つため、

夜のリゾート風の装いが女性には求められ、ドレスシャツと、スラックス、足の甲を覆う靴が男性には求められます。

Tシャツや、タンクトップ、短パン、スリッパはご遠慮ください。